左手は飛距離、右手は方向性

 

ゴルフスイングで下半身の動きと同時に両腕を動かすとダフリになります。

下半身が先行して上半身が後から動いても同じ結果になります。

問題はどうすれば上手くヒット出来るかということですが、この根本的な原因は体重移動をした後の動きにあると思います。

 

左手は飛距離を出すことに使う

 

飛距離を出すのに欠かせないのは左手の回転の速さと思います。

右手を使う人で左手の動きが遅い人は強烈なフックが出るはずです。

下半身の移動を先にして回転を速くすることでフックは防げるはずです。

右手を使う人はグリップが腰の位置に下りてくるまで我慢することです。

グリップが右腰から左腰までの動きをする間は、フェースローテーションといってグリップと体は一緒に回転するだけです。

しかしヘッドがインパクトゾーンに入ると両腕で振りぬくことで綺麗なフォローになります。

プロがティーグラウンドでクラブを左右に振っているのはフェースローテーションの確認です。

 

参照

ゴルフボールの飛距離を伸ばす2つの方法

ゴルフで筋トレするならこれをやれ!

ゴルフスイングのインパクトの8つのポイント

フェースローテーションの8つのポイント

 

右手は方向性を出すために使う

 

ゴルフではコントロールショットは右手ですると言っています。

これは100ヤード未満のショットは右手で打つということになります。

右手でコントロールすることはスイングでは特に大事なことです。

インパクトでは必ず右手の平が目標を向くことで方向性が確保されます。

出来ればスタンスは少しオープンに立ち、フェースを目標に向けてスタンスに沿って振るとグリーン上でぴたりと止まります。

この打ち方は少し間違いやすいですがグリーンを攻める最大の武器になると思います。

くれぐれも注意することは、目標に向けてクラブを振ると右にそれることになるということです。

ここは間違わないようにすることです。

 

参照

ボールの方向性を安定させる5つのスイングポイント

 

体重移動も非常に重要

 

上記で書いた両腕の使い方も体重移動が上手く出来ないとダフリになってしまいます。

体の中心でするのではなく左足の上でするとダフリやトップは出ないでしょう。

この体重移動が上手く出来ると今までの弾道とは違う弾道が出てきます。

もちろん直接ボールを捉えることができるから飛距離も伸びてくるでしょう。

体重移動の良いことは移動が終わると体が勝手に回りバランスの良い回転が出来るということです。

ボールを上から打ち抜く感覚が出てくると方向性も良くなってきます。

この打ち方はダウンブローを意識せず出来ることが最大のメリットと考えます。

 

参照

スイングでの体重移動の5つのポイント

左足下がりで打つときにダフらないスイング方法

アプローチショットでのトップの修正方法

誰でも簡単に出来るダウンブロー!

 

腕や両手の正しい使い方

 

ゴルフでは両腕の使い方は上下の動きだけと考えて間違いないと思います。

腕を振っているように見えますが、あれは体の回転でそのように見えるだけです。

体重移動が終わりそれにより体が回転を始めると腕(グリップ)は上から下に下がるだけです。

間違っても手でボールを打ちに行くのではありません。

体重移動でグリップが腰の位置まで下がってくると後は体について行くだけと考えてください。

これがフェースローテーションといって体と一体感を持って回転するだけです。

グリップの振り下ろしが強ければ大きなフォロースルーになり体が左足の上に完全に乗っていくでしょう。

 

参照

ゴルフのフォロースルーの5つのコツ

ゴルフスイングでの理想の腰、肩の回転で得られる3つのメリット

 

美しいフィニッシュはどうすれば出来るか?

 

ゴルフをしている人の大半は体の重心が左足に乗り切っていない人が多いです。

フィニッシュの完成は背骨が左足に完全に乗ることで達成できます。

このフィニッシュが出来ない人はボールの弾道が良くないです。

力を入れると体のバランスを崩します。

ゴルフはバランスがとっても大切です。

体重が完全に移動できないと左足に乗ることは出来ません。

プロの人たちは体を回すことと体重移動を同時にやっていますが、アマチェアはそうはいきません。

そのために体重移動からすることが体の回転を上手く引き出すのです。

練習でボールを打った後にフィニッシュで止まり、体が左足に乗っているかを確認することです。

フィニッシュはお腹が目標にせり出す姿勢になっていたらほぼ正解といえるでしょう。

 

参照

ゴルフのフィニッシュの取り方 5つのポイント

<スポンサード リンク>


ゴルフ上達に有益な教材


古賀公治のEnjyoy Golf Lessons バナー用
延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。
現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。
⇒ Enjyoy Golf Lessonsのレビューはこちら





バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。
同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。
⇒ ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アップのレビューはこちら




Perfect Swing Theory page
飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。
作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。
年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。
⇒ Perfect Swing Theoryのレビューはこちら