ゴルフのフィニッシュ

 

他の競技と違ってフィニッシュに意識を持つことは非常に重要です。

基本のフィニッシュを考えてスイングしなければ

 

  • 飛距離
  • 方向性

 

といったゴルフでは致命的な部分に影響が出てきます。

他のスポーツの経験者は特にフィニッシュに意識がないと思うので、以下を意識すれば飛躍的にゴルフが上達する可能性があります。

 

フィニッシュでは振り切る意識を強く持ちすぎてはいけない

 

ゴルフスイングで下半身が先行して体が動き出すことが重要と考えます。

それが出来ると後はほとんど勝手に体が回っていきます。

 

参照

ゴルフスイングでの理想の腰、肩の回転で得られる3つのメリット

 

正しい下半身の使い方をすれば意識しなくてもフィニッシュが出来ると考えます。

クラブを意識すると良くない結果が出てくることが多いと思います。

下半身を使うことでヘッドスピードも遠心力も出てきます。

あまりクラブを振りきることを意識しすぎると払い打ちになりやすいです。

無理に意識することはないでしょう。

スイングは無理に振ると悪いことが起きます。

力は入れますが無理なくヘッドを走らせるだけで十分と考えます。

 

フィニッシュは左脇が開くといけない

 

正しいゴルフスイングでは左脇が開くことはないと思います。

もし開く人がいればそれは手で振っていることになっています。

体の回転より腕(手)の動きが速いときに左脇が開いてきます。

下半身で回転が始まり腕は腰について行くだけです。

この時に左脇はフィニッシュまで開くことはありません。

もし左脇が開いているとボールは方向性が悪く飛距離も伸びては行きません。

左脇が開く人は初心者によく見られる傾向があります。

飛距離を出したかったら決して左脇は開けてはいけません。

脇が閉まると方向性がとても安定してきます。

方向性が安定するとこんどは飛距離を出すことに集中できます。

一度にすべてを変えることは難しいですから簡単なことから改良しましょう。

 

フィニッシュは左足を軸に回す

 

ゴルフのスイングでは体重が左足に乗っています。

左足を中心に体を回していくことがゴルフでは大切なことです。

もっと簡単にいうと左足、左手がゴルフには特に大切で右側はあまり必要とはしていません。

ではどうして左が大事かということです。

右側を重要視するとボールの方向性に問題が出やすいことです。

左足の指先が動くだけでも方向性に狂いが出てきます。

このためにプロは下半身の強化に力を入れています。

強い下半身とスイングの速さで飛距離が数段伸びてきます。

下半身を強化するためのトレーニングを取り入れて頑張りましょう。

 

参照

ゴルフで筋トレするならこれをやれ!

 

フィニッシュでは右足(右腰)は左足の上に乗る

 

ゴルフスイングでフォローに入ると体が回り最後には右足の付け根が左足の上に乗ってきます。

これを確実にするために胸がアドレス時の反対の真後ろを向くことになってきます。

ここまで肩が回るとスイングとしては完璧に近いと思います。

でもほとんどの人は出来ていないことでも難しいことはわかってくれると思います。

ところがプロゴルファーの人は皆さんこのような体の使い方をやっています。

人間は誰でもバランス感覚が生まれながら身についています。

これを使わないと飛距離も出ないと思います。

下半身が目標に向きだすと上半身は反対に目標と反対の後ろに戻るようになってきます。

自身で持っているものを使って最大限のスイングをした方が得策です。

慣れないうちは難しいかもしれません、頑張りましょう。

 

フィニッシュでは右肩は目標を向く

 

ゴルフスイングのフィニッシュでは右肩は目標を向いています。

これはアドレスとはまったく逆になります。

ここまで回ると体を完全に使ったことになっています。

クラブのシャフトは目標を指すようになります。

ここまでヘッドが回っている人はあまり見かけません。

でもプロはほとんどここまで回しています。

難しいけどこれが飛距離を出す最高の方法です。

このやり方はアプローチショットでも取り入れることで練習できます。

 

参照

アプローチショットの3つのポイント

 

力を抜いてゆっくりスイングして大きなフィニッシュになる練習をすることです。

 

参照

大きなスイングをしてうまくなる方法

 

ゴルフがとても楽しくなってきます、頑張りましょう。

 

フィニッシュは高くなる

 

ゴルフのフィニッシュはダウンスイングで腕は上から下に降ろします。

そうするとインパクト後はクラブが反対に上に上がっていくと思います。

 

参照

ダウンスイングを制するものは全てを制する

 

高いフォローからフィニッシュまでは円運動が大きくになって回っていきます。

ゴルフのスイングはクラブを上げるときとフォローの後ではまったく逆の動きをします。

これくらい大きく振ると方向性と飛距離はものすごく安定すると思います。

練習場で見ているとここまで振っている人はあまり見かけません。

プロのゴルファーがクラブを振っているのを見て真似をしないのは損です。

練習してクラブを振れるようになりましょう。

ゴルフスイングは早くすると失敗につながりやすくなります。

ゆっくり大きなスイングを志すことが上達には大切と思います。

 

参照

ゆっくりとしたスイングの4つのメリット

<スポンサード リンク>


ゴルフ上達に有益な教材


古賀公治のEnjyoy Golf Lessons バナー用
延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。
現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。
⇒ Enjyoy Golf Lessonsのレビューはこちら





バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。
同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。
⇒ ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アップのレビューはこちら




Perfect Swing Theory page
飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。
作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。
年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。
⇒ Perfect Swing Theoryのレビューはこちら