ゴルフのフォロースルー

 

ボールを打つまでがスイングと考えている人は多いと思います。

しかしボールを打った後のフォロースルーはもっと大事なことです。

スイングはいつも同じ所までクラブのヘッドが来なければいけません。

 

巻き込みとインサイドに入ってはいけない

 

ゴルフのフォロースルーでよく見かけるのがクラブを巻き込む人です。

もう一つはインサイドにフォローが入ってくる人です。

ゴルフでは絶対してはいけないフォロースルーです。

ではなぜいけないかというと方向性が安定しないからです。

このような人はラウンドしてもスコアは納得できないくらいです。

もう一度スイングを根本的に考えることにしましょう。

巻き込みとインサイドを修正するのはダウンスイングを心掛けることです。

 

参照

ダウンスイングを制するものは全てを制する

 

フォロースルーは低く長くしてはいけない

 

フォロースルーが低く長くなる人はゴルフではまだ良い方と考えます。

それはこの打ち方の特徴は飛距離が出るということです。

良いことばかりのようですが、方向性が安定しないと思います。

ではどうしてこうなるかということですが、肩の回転が止まっていることが原因と考えます。

ゴルフでは円運動のスイングが理想といえます。

正しいスイングをすると長くなることはないでしょう。

インパクト直後からヘッドは上がっていきます。

それが上がらず長くなるとフェースがずっと目標を向いたままです。

このような人ももう一度スイングを見直しましょう。

 

フォロースルーでの右手の使い方

 

ゴルフスイングで大事なことは右肘の使い方です。

ここが安定していないとボールはどこに飛んでいくかわかりません。

右肘はトップで90度に曲がっています。

ダウンスイングで右足の前に来ると右肘は伸びていないと安定したとボールは出ないと思います。

ゴルフのスイングで初心者の人の多くはボールがよく曲がるのはほとんどこの間違いと思っています。

スイングの安定は右肘の使い方で安定を考えることです。

こうすることでインサイドアウトもアウトサイドインも解消されるとことと考えられます。

 

参照

右肘を意識してスライスしないゴルフスイングをする方法

アウトサイドインとインサイドアウトの長所と短所

 

フォロースルーでのスピードの重要性

 

ゴルフスイングで一番大事なことはスピードで、これがないと飛距離は考えられません。

しかしこれを強く考えすぎるとボールが安定して飛んでくれません

当然スイングの速さに加え体が早く回転することが特に重要です。

早く回すだけですとほとんどの人は出来ると思います。

これにグリップがついて行くことは非常に難しいことです。

スピードのある人はそれ以外をもっと充実させることが大切なことと考えます。

ただ回転のスピードはとても大事なことです。

頑張って他を充実させることを考えましょう。

 

参照

ゴルフスイングでの理想の腰、肩の回転で得られる3つのメリット

ボールの方向性を安定させる5つのスイングポイント

 

フォロースルーでの左肘の使い方

 

ゴルフのスイングで左肘が曲がるのはインパクトの後から徐々に曲がっていきます。

しかしこの肘の使い方は本当なら意識せずに出来ることが大切と考えます。

人間は意識すると早めにする欠点があります。

意識するとヘッドが早く返りフックボールが出やすい打ち方になります。

ゴルフで意識するのは右肘だけで良いと思います。

こうすればリストターンが正常になりボールが真っ直ぐ飛んでいきます。

ただゴルフのスイングは1秒もかかりません。

ここにゴルフの難しさがあります。

ゴルフスイングは早く体が回りますので、右肘を右足の前で伸ばすことくらいしか出来ないと思います。

 

参照

右肘を意識してスライスしないゴルフスイングをする方法

 

フォロースルーを意識して高くしてはいけない

 

ゴルフスイングのフォロースルーはあまり高くすると飛距離が出ないことにつながります。

それはインパクトゾーンが短くなってヘッドが早く返ってしまいます。

このため飛距離が伸びず方向性が悪くなっていきます。

ヘッドはインパクトゾーンに入るとボールを打ちだします。

 

参照

ゴルフスイングのインパクトの8つのポイント

 

その後徐々にヘッドは上がっていきグリップが腰の位置まで来ると、クラブが目標を指すようになっていないといけません。

この時にスタンスとシャフトが平行になっています。

このようにスイングを考えて見ればシャフトが空を向いていると間違ったスイングになっています。

ゴルフのフォロースルーでは意識して高くすることはなくヘッドの遠心力で勝手になるものです。

もう一度スイングについて考えましょう。

<スポンサード リンク>


ゴルフ上達に有益な教材


古賀公治のEnjyoy Golf Lessons バナー用
延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。
現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。
⇒ Enjyoy Golf Lessonsのレビューはこちら





バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。
同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。
⇒ ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アップのレビューはこちら




Perfect Swing Theory page
飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。
作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。
年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。
⇒ Perfect Swing Theoryのレビューはこちら