ゴルフスイングの体重移動

 

ゴルフスイングで一番大事なことを体重移動だと思います。

これがスムースに出来ると後はうまくいく確率が高くなっていきます。

スイングのときにいつも同じ体重移動が出来るよう練習をすることです。

 

体重移動はどうして必要か?

 

ゴルフではゆっくりとしたスイングが良いとされています。

そしてゆっくりとクラブを振るのは大きなスイングをすることになってきます。

 

参照

ゆっくりとしたスイングの4つのメリット

大きなスイングをしてうまくなる方法

 

これをするためにはしっかりとした体重移動が出来ないといけません。

最近のゴルファーはこの体重移動がまちまちでボールが安定しません。

もっとこの体重移動をしっかりとすることがゴルフ上達の秘訣と考えます。

上体が動く前に体重移動を先にすることで良いスイングになっていきます。

下半身が動き上半身が引っ張られスイングが大きくなっていきます。

両膝を元の位置に戻すことで下半身が動き出し、ボールは左腰で打つと言われています。

これをするための重要な体重移動と思います。

 

参照

ゴルフスイングでの理想の腰、肩の回転で得られる3つのメリット

 

体重移動しない時のデメリットは?

 

体重移動を始めにしないとボールはどこに飛んでいくかわかりません。

右足の上で体を回転するとボールは左に飛んでいき、これをひっかけと言います。

 

参照

ゴルフでのひっかけの原因と矯正方法

 

大切なことは下半身から動き出し上半身がついて行くことで飛距離が出てくるということです。

これを上手くするために体重移動をする必要があると考えます。

力を入れるのは下半身だけで上半身はほとんど力を入れません。

 

参照

スイングを柔らかくする5つのメリット

 

体重移動が出来ていない人は皆さん力を入れてクラブを振っています。

これでは安定したボールは飛んでいきません。

左手一本で体重移動をするとボールは綺麗に飛んでいきます。

体重移動をもっと真剣に考えるべきと思います。

 

体の回転は左足の上で行う

 

体重移動が出来ると体の重心は左足に乗っています。

ここで体を回転すると大きなゆっくりしたスイングになっていきます。

このスイングが飛距離と方向性を出すことになってきます。

 

参照

ヘッドスピードを上げる3つの方法

ボールの方向性を安定させる5つのスイングポイント

 

クラブを振った後にはシャフトが目標を指すところまで体が回ってきます。

 

参照

ゴルフのフィニッシュの取り方 5つのポイント

 

ここまでクラブを振るから飛距離が出てくることになります。

ゴルファーを見ているとここまで振っている人はあまり見たことはありません。

しかしプロは皆さんここまでクラブを振っています。

プロとアマシュアの違いがここにあると思います。

 

体重移動でゆっくりしたスイング

 

ゴルフで体が回らない人は力を入れすぎているから体が回りません。

力を入れるのは下半身の体重移動だけです。

上半身は下半身についていくだけです。

これが出来るとゆっくりしたスイングでも飛距離が出てきます。

力を入れて飛距離が出るのでしたら大きな人(レスラー、相撲取り)が一番飛ぶと考えられます。

しかしゴルフは違います。

体が小さくても270ヤードも飛ばす女子プロもいます。

ゴルフは決して体の大きい人が飛ばすのではなくて、回転の速い人が飛ばすことを考えるべきです。

ゆっくりとした大きなスイングができることが飛距離の秘訣と考えます。

 

飛距離を出す体重移動

 

ゴルフをもっと簡単にすることは本当に大切なことです。

それには大きな体重移動をすることで後は勝手についてきます。

ゴルフは理想的なスイングを無意識に出来ることが非常に大切なことです。

ゴルフで意識するのは体重移動だけです。

腰はバックスイングで右側に乗っています。

 

参照

バックスイングの5つのポイント

 

ここから腰を左足の上に持っていくだけです。

そうすると頭は右に残り下半身は左足に乗っていき、後は勝手に体が自然に動き出すものです。

体を回すことを意識すると良くない結果が出やすいです。

ゴルフは腰さえ動くと後はついていくだけです。

もっと楽なゴルフをするように頑張りましょう。

<スポンサード リンク>


ゴルフ上達に有益な教材


古賀公治のEnjyoy Golf Lessons バナー用
延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。
現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。
⇒ Enjyoy Golf Lessonsのレビューはこちら





バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。
同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。
⇒ ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アップのレビューはこちら




Perfect Swing Theory page
飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。
作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。
年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。
⇒ Perfect Swing Theoryのレビューはこちら