シャンクの原因と矯正方法

 

ゴルフのシャンクほど腹の立つことはありません。

もう少しでパーオンするところでよく出ますが、いつまでも消えることがない悪魔のようなミスショットです。

 

シャンクとは?

 

ゴルフではよくシャンクといわれているミスショットがあります。

これはアイアンでしかないと考えます。

コースでは目標に向かってボールを打っていきますが、これが出るとボールはまったく違う方向に飛んでいきます。

シャンクとはアイアンのフェース面でシャフトのところに当たることをいっています。

アイアンではフェース面にまでシャフトが来ていて、ボールにそのシャフトが当たりやすいです。

ドライバーではシャフトはフェース面の後方に位置しているためシャンクはありません。

当然ここに当たると距離も出ないし方向性はとんでもないところに飛んでいきます。

このミスはスイングの間違いで起きると考えてください。

 

シャンクとアイアン

 

上記でも書きましたが、シャンクはウッドではほとんど出ません。

それはウッドのフェース面がシャフトより前にあるためでした。

主にアイアンでしか起きないミスショットと考えてください。

アイアンはフェース面がシャフトの付け根の後ろ側にあることでボールがフェースに当たる前にシャフトの付け根に当たることで起きるミスショットでした。

このショットは気にするほど出てくる厄介なミスです。

根本的にスイングを考え直すことをお勧めします。

 

シャンクの原因

 

シャンクの原因ではっきりと分かることは両腕が体から離れることが大きな理由と考えられます。

それはどうして起きるかですが、アドレスで両腕が胸から離れているからといえます。

しかしこれを直すことは簡単です。

両腕を上から下に下ろしてくると胸に当たりますので、ここから前傾姿勢になることです。

初めから前傾姿勢でグリップを決めることで起きるミスと考えてください。

ゴルフではグリップを決めてアドレスに入っていきます。

胸の前でグリップを決め腕が下りてくるので脇が閉まってきますので、これから前傾姿勢を取ることで安定したアドレスが完成します。

 

参照

アドレスでボールと距離を正しく取りスコアメイクする方法

 

シャンクの直し方

 

シャンクがよく出る人はアドレスが間違っている人が多いです。

アドレスで胸と両腕が開いている人によく出るミスといえるでしょう。

胸と両腕が開いている人はグリップがアップライト(横振りではないこと)に上がりにくくなります。

このためにダウンスイングで両腕が体から離れてアウトサイドインのスイングになってきます。

 

参照

アウトサイドインとインサイドアウトの長所と短所

 

これを直すのはバックスイングではグリップを(手)を動かさず肩を回すことです。

大多数の人は手でバックスイングをしています。

これがシャンクの大きな原因と考えられます。

 

参照

ゴルフスイングでの理想の腰、肩の回転で得られる3つのメリット

 

シャンクについてのアドレス時の注意

 

アドレスでの注意点は体の前傾姿勢が上手く出来ないとシャンクが出てきます。

両膝を出し過ぎる人や腕が体から離れる人やダウンスイングからインパクトまでボールが見えない人などはシャンクが出やすい人たちです。

簡単に直すことは出来ます。

それはアドレスでボールとの距離を取ってから注意するのは左手が真下に下りているかを見ることです。

これがボール側に下りているとシャンクの出るアドレスとなってきます。

左手は必ず真下に下ろすことをよく注意しましょう。

 

シャンクでは右足に注意するべきか?

 

ゴルフのスイングではウッドは右体重でアイアンの場合は左体重になることはわかっていると思います。

アイアンで右体重はシャンクの原因になります。

体重を左に乗せるようなアドレスで両腕を体につけることをするとそれほど大きなミスは出ないと思います。

この状態で右足はほとんど関係がないと考えます。

ゴルフスイングでは右足はそれほど重要視していません。

ゴルフで左足は特に重要と考えます。

 

参照

アドレスのドライバーとアイアンの違い

 

シャンクとグリップ

 

シャンクとグリップの関係は右手のひらが早くボールを向くとシャンクの原因になることもあります。

グリップはダウンスイングでは必ずグリップエンドがボールを向いて下りてくることが重要と考えます。

これが出来るとシャンクはほとんど出ないと思います。

ゴルフではボールを上手く打とうと考えるとミスが出やすいです。

シャンクが出る人はグリップエンドがどこを向いているかよく考えることです。

グリップエンドはアドレス時のグリップまで下ろすことでナイスショットが生まれます。

間違ったスイングをしないように頑張ってください。

 

参照

ダウンスイングを制するものは全てを制する

ゴルフスイングのインパクトの8つのポイント

<スポンサード リンク>


ゴルフ上達に有益な教材


古賀公治のEnjyoy Golf Lessons バナー用
延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。
現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。
⇒ Enjyoy Golf Lessonsのレビューはこちら





バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。
同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。
⇒ ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アップのレビューはこちら




Perfect Swing Theory page
飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。
作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。
年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。
⇒ Perfect Swing Theoryのレビューはこちら