アドレス時のボールとの距離

 

アドレスでのボールとスタンスの間の距離を取ることに苦労している人がいます。

ゴルフではこれを間違うと悲惨な目に遭うことになります。

これは日常から正しい距離感をつかむことがよいと思います。

 

体とボールとの正しい距離の取り方

 

まずゴルフクラブを握ります。

この後クラブを上にあげて直立に立ちます。

この状態からグリップを下します。

胸に当たるところまでおろすとその状態から腰を曲げ、そして両膝も少し曲げます。

このときにクラブヘッドが地面に当たるところがボールの位置といえます。

ただクラブフェースのどの位置にボールをセットするかは個人差があり上手く説明しにくいです。

ちなみに私はヘッドの真ん中にボールをセットします。

できれば一度ヘッドが降りたところでボールをセットして軽く打ってみることです。

これでまだ上手く打てない時にはボールをヘッドの手前かヘッドの先の方でセットして打ってみることです。

 

ボールの置き場所の特定方法

 

スイングが正しく回転していればこの3つのポイント(これはフェースの先、真ん中、根本)でどこかに合っていると思います。

この打ち方は一見無駄のように感じるときもあると思います。

これでもまだ上手く当たらない人は、おそらくアドレス時の姿勢が悪いと思います。

アドレスでは胸を張り右手でクラブを持ち左手を背中の腰の上に置くことをします。

そうすると手が滑って落ちる人もおります。

このとき落ちる人はまだ背骨が曲がっているといえるでしょう。

アドレスで本当によい姿勢になれば左手は落ちることなく腰に乗るようになります。

出来ればこの状態でアドレスをやり直します。

胸が前かがみになっているとボールを打つ時にはクラブの先に当たることになります。

打つ時には体は必ず反り返るような姿勢になっています。

この違いでボール1つ分は違ってきます。

基本的にはアイアンもウッドも同じと考えてもよいと思います。

 

アドレスを正しく取る理由

 

このセットの仕方はボールを手で打つのではなく、体の回転で打つことが条件です。

ゴルフスイングでは下半身から動くため上体は後から動くことになっています。

 

参照

ゴルフスイングでの理想の腰、肩の回転で得られる3つのメリット

 

この打ち方はグリップが体の近くを通るために体からグリップを離したアドレスでは上手くボールに当たらないこともあります。

ゴルフではよいアドレスがより遠くにボールを飛ばすことになります。

そして正しい姿勢も正確にフェースの芯に当てることに貢献します。

 

参照

ミート率を上げると飛距離が伸びる理由

 

ゴルフをするときは何気なくボールを打ってはいけません。

ボールを真っ直ぐ飛ばす信念を持ってアドレスすることが肝心です。

正しい気構えが正確なボールを飛ばすことになります。がんばりましょう。

<スポンサード リンク>


ゴルフ上達に有益な教材


古賀公治のEnjyoy Golf Lessons バナー用
延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。
現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。
⇒ Enjyoy Golf Lessonsのレビューはこちら





バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。
同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。
⇒ ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アップのレビューはこちら




Perfect Swing Theory page
飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。
作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。
年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。
⇒ Perfect Swing Theoryのレビューはこちら