間違いが多すぎる!本当のコックの方向はこれ

 

コックの仕方は左手親指の表現は間違いやすくあまり当てにしてはいけません。

バックスイングする再にどのグリップでも、右手に人差し指でヘッドを後方に上げればコックは完成します。

バックスイングを左手でしていない人はコックの意味が理解できていないでしょう。

 

コックは左手親指の方向にするのが正解?

 

コックは左手を意識するとややこしくなりますが、正確なコックとは右手を考える必要があります。

コックとは

 

  • 逆立ちした右手を想像する
  • 右手甲側に折れ曲がっている
  • トップのコックは右手を意識すると簡単
  • 左手はテイクバックで手首は動かない
  • テイクバックのあとからトップに移行する時にコックが始まる
  • 右手が甲側に折れる

 

このようにコックの説明は右手だけで十分です。

左手の説明があるコックは逆に左手が折れ曲がり正確にはならないでしょう。

今1つ簡単にコックを行う方法は

 

  • グリップはアドレスで止めておく
  • 人にヘッドを持ち上げてもらう
  • シャフトのグリップエンドが目標を向いたらコックは成立する

 

この状態が間違いのないコックになるでしょう。

テイクバックはグリップがトップでできるよう考えましょう。

 

コックはどの方向にするのが正しいのか?右手?縦横どの方向?

 

コックが始まるところはテイクバックが済んだところですが、その位置からヘッドを上げたらトップのコックは完成します。

フックグリップのトップでは

 

  • 左手の甲は正面を向く
  • 右手の平がやや後方を向く

 

この状態が理想です。

右手の平が正面を向くのは手の平の中でシャフトが回っているのでしょう。

右手の人差し指と親指でシャフトをしっかりつかみましょう。

 

正しい方向のコックを実現する練習方法

 

スイングでなぜコックを習得する必要があるのでしょう。

コックが正確にできると

 

  • 飛距離が伸びる
  • 方向性が良くなる
  • タイミングが合いやすい

 

このような結果が待っています。

コックの練習は

 

  • アドレスのままヘッドだけを上げる
  • シャフトが目標を指すとコックは完了する。
  • コックを先に行いその後トップに挙げる

 

参照

コックの練習は方向とタイミングが重要

 

コックに不慣れな人は先にコックを作りそれからトップに上げるとその状態がベストなコックです。

コックをなぜアドレスで行うかと言いますと、自分の目で見ることが1番わかりやすいからです。